一人暮らしの部屋の希望条件のまとめ方

通勤・通学時間の希望条件を決める

就職や進学で初めての一人暮らしがこれからスタートする人は、期待が膨らむと同時に、賃貸物件の選び方がわからなくて困っている人もいるでしょう。部屋探しをする前に、いくつかの希望条件をまとめておくと、探すのもスムーズですし、ライバルよりもいち早く良い物件を見つけられますよ。

一人暮らしで最も重視したい条件とは、通勤・通学時間です。社会人の場合、最寄り駅から近いことや、交通アクセスが便利な場所などは譲れないという人は多いです。あまり会社から遠い立地に住むと、忙しい新社会人にとっては通勤時間を長く拘束されることで帰宅時間も遅くなり、自分の時間がなくなることや、就寝時間が短くなるといったことにもつながります。そして、学生の場合、専門学校や大学の近くの物件を選ぶという人もいます。学校の付近には学生向けの物件も多いので、通学に時間を取られたくない、交通費を節約したい人は注目してみるとよいでしょう。

一人暮らしの間取りの条件を決める

賃貸物件ので重視しておきたい条件の一つに、間取りのタイプがあります。1R、1K、1DKがよく選ばれやすい一人暮らしの間取りのタイプになります。それぞれ間取りのタイプが違うだけで、住み心地も変わるので自分の生活スタイルに合うタイプを選んでみましょう。1Rは、キッチンと部屋が繋がっている間取りです。間仕切りがないというだけで家賃は安くなる傾向がありますが、料理をした時にニオイが居住空間に広がりやすくなります。 1Kのタイプは部屋とキッチンに間仕切りがあり、料理を作っていても居室にニオイがこもりにくいという特徴があります。1DKは、ダイニングキッチンの1室と居室の2室用意されたタイプです。食べるスペースと寝るスペースが分かれていて、一人暮らしであれば最も快適に住める間取りのタイプになりますが、家賃は高めになる傾向があります。

札幌北区の賃貸物件の利点は、鉄道の利便性が高いことが挙げられ、JR線が縦断していることや地下鉄の乗り入れがあることで、都市部へのアクセスが便利なエリアとなっています。