マンションとアパートの違いを知ろう

マンションとアパートを区別するポイントとは?

集合住宅といえばアパートとマンションを真っ先にイメージする方が多いはずです。しかし両者の違いを厳密に説明できる方は少ないかもしれません。実際に建物の大きさや外観から、なんとなく両者を見分ける方がほとんどではないでしょうか。不動産業界では両者を区別するにあたり、建築構造と階数から判断するのが通常です。

まずアパートについては、木造あるいは軽量鉄骨造の2階建てを指します。木造や軽量鉄骨造りの低層住宅は、軽く柔軟性に優れ、地震に強いのが特徴です。その一方でマンションの場合では、コンクリート造を指すのが一般的。また一口にコンクリート造といっても、鉄筋コンクリートをはじめ鉄骨鉄筋コンクリートやプレキャストコンクリート、さらに重量鉄骨といったように多種多様なタイプがあり、それぞれの特徴も異なります。

マンションとアパートそれぞれのメリットとは?

マンションとアパートを比べてみると、建築構造や階数だけでなく、それぞれのメリットにも違いがあります。まずアパートについては、家賃の安さが挙げられます。アパートは構造も単純で、規模も小さい傾向があるため、建築コストを低く抑えることができます。このため家賃にも安く反映するのです。もう1つのメリットは湿気を招きにくく、カビや腐食が発生しにくいこと。これは通気性に優れる木造建築が、アパートでは一般的だからです。

他方でマンションのメリットといえば、高い耐震性や耐火性を挙げられます。頑丈で耐久性のあるコンクリート造りならではのメリットです。さらに遮音性に優れることも、注目すべき点でしょう。高層階で規模も大きいマンションでは、騒音対策も重要です。マンションならば各部屋から漏れる生活音で悩むことも、少なく済むはずです。